読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲイの半分は恋愛への手抜き

こんにちは、ゲイブロガー(@gay_nazo)です。

 

ゲイとして生きるハードルは高いか、低いか。

 

特に恋愛面において言うなら、ゲイの恋愛はハードルが低い。

女性相手に恋愛するよりも、簡単だ。

 

ゲイのコミュニティサイト。

メンズなんちゃら、ボーイズなんちゃら

のようなゲイサイトには、必ず出会い掲示板がある。

 

今夜遊べませんか、飲みに行きませんか。

という内容から、肉体関係を求める内容まで。

 

条件が合っていれば、すぐに会うことができるし、肉体的な接触もできるのが事実。

 

この場合の条件というのも。

年齢や体形、居住地や車、場所の有無。

男役か女役か、そういった内容が合えば。

 

だからゲイの出会い系は楽勝もの。

ムラムラしてきたら、そういうところに書き込んで、5~6往復メールをすれば、もうベッドの中ということだ。

 

またお互いにセクシャルマイノリティという認識があるので、結束も強く。

恋愛対象者が少ないのもあり、付き合うのは簡単。

だって相手はお互いにとってレアキャラだから。

 

そういう意味ではゲイの恋愛なんて、たいしたことない。

よっぽど女性と会い、女性とお付き合いをし、女性と肉体関係を持つ方がハードルが高い。

 

ゲイの人に聞きたい。

本当にゲイなのだろうか。

女性と付き合えない、そこまで努力できない。

だから、ゲイであればチヤホヤされる、ラクチンだから。

というような感覚はないだろうか。

 

僕はゲイといっても、男女ともに愛せるバイセクシャルなので。

余計にそれを感じてしまう。

どちらかというと、男が好きなタイミングのときは、発散させる相手がほしいだけ。

手間もお金もかけずに楽しみたいとき。

 

とういうことが多い。

義理と本命のような感覚だ。

 

ゲイは恋愛の手抜き。

出会いだけの問題ではなく。

家に行ったり、車に乗せてもらったりすると、汚い。

不潔さが漂ってくる。

その不潔さと快感を天秤にかけると、快感のほうが増すから。

だから行くだけで、通常の付き合いにはならない。

 

もっとも民度の高いゲイは出会い系、アプリ、掲示板などは使わないのかもしれないけれど。

 

ノンケ(=ゲイじゃない男性)だったとしても、一方的に楽しませてくれと書き込めば、すぐに相手が見つかる。

たっぷり気持ちよくしてくれるよ、お金も払わずに。

というくらい、ゲイの恋愛ハードルは低いのだ。