読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新年会で憧れのアイツと急接近

こんにちは、ゲイブロガー(@gay_nazo)です。

 

先日、新年会がありました。

取引先を含めた50人くらいの新年会。

 

陽気な気分で楽しんでいましたよ。

憧れのアイツもいたからね。

 

お酒の力も借りつつ、積極的にアプローチ。

といっても、同じ席で話をする程度だけれど。

 

居酒屋の4人掛けベンチ。

隣同士で座っていたら、既に4人座っているのに先輩が5人目になろうとしている。

窮屈な空間に、ぐいぐいと押し込められているのだ。

 

隣にはアイツがいる。

僕は「やめてくださいよー」と言いつつも、心の中では、ちょーハッピー。

相当テンションが上がっていた。

 

ゲイの気持ちって複雑なところがある。

相手がゲイだとわかっているなら、積極的にアプローチできる。

相手がノンケ(=ゲイじゃない男性)だと思っているなら、積極的にはアプローチできない。

 

ノンケに恋をしたり、イケメンのノンケがいたりすると、ドキドキする。

それは、中学生の恋愛みたいに。

ゲイであれば、甘酸っぱい恋愛をおっさんになってもすることができる。

 

恋愛初心者のような、積極的にアプローチできない自分がもどかしくて。

でも、そんな押し付けられた環境も実際に好きだったりする。

 

ボーイズラブ漫画の良いところも、そのピュアな、もどかしい恋愛にあるのだろう。

婦女子の気持ちはとってもよくわかる。

 

告白するときの勇気、嫌われてしまうかもしれない不安。

そういったものを、おっさんになっても感じることができる。

 

久しぶりに飲み会で胸キュンした。