読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕がゲイだと気づいたとき

いつの間にかゲイだった、ゲイブロガーです。

 

小学生の時、カッコイイ先輩を追いかけていました。

武田くんだったと記憶しています。

 

いつからか、男が好きということに抵抗がなくなり。

やっぱり男の人が好きだったんだなぁと、改めて実感。

 

どこかで周囲の仲間とは違うのかもしれない。

そんな気がしていました。

 

好きなタイプで言えば、中世的なタイプ。

ゴリゴリの男前は苦手なんで、どこかで女性らしさを求めているのかもしれません。

暑苦しくない程度の男性が、すごくタイプなんですよね。

 

抱きしめられたいとか、キスしたいとか、いちゃいちゃしたいとか。

そういうことを抵抗なく思えるようになった今は、ゲイ/バイなんだと思っています。

 

周囲にカムアウトはしていませんが、何となく気付いているでしょう。

会話のところどころでは、男が好きというニュアンスのことは言っているし。

オレ、ゲイだから。なーんていうことも。

冗談でしょと片付けられるけれども、真意のほどは。

 

そんな僕が、どこかでモヤモヤしている気持ち。

最近の性に対する寛容性や、ゲイとしての生き方。

 

どこかでモヤモヤしているので、それについてどんどん言いたい。

質問等あれば、お待ちしています。