読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中にゲイが増えると、居心地が悪い

こんにちは、ゲイブロガーです。

 

昨晩、普通のバーで、ゲイについて語ってきました。

ゲイの存在について比較的受け入れられる。

それがどことなく息苦しく感じる。

 

僕自身が考えるゲイのあり方。

ベースの考え方、ゲイは間違っている。

世の中的に考えて、ゲイは受け入れられないものだと思う。

その受け入れられないハードルを越えてでも好きだ。

というのが、僕にとっては素敵なことであって。

それだけの強い気持ちがないと、ゲイなんてやっていられない。

 

まだまだ社会にとっては、うまくいかないことが多い。

世の中は男女で成り立っている。

成り立っているからこそ、そういったルールで世の中が動いている。

 

ゲイのハードルが下がれば、にわかゲイが増える。

それが一番の問題なのだ。

ゲイが増えてほしいとは思わないから。

 

にわかゲイが増えると、マナーを守らない人が増える。

ゲイという存在は、もっと神聖なものなのだ。

決して崇めろ、敬えということではない。

 

ある程度の関係、環境を断ち切ってでも、ゲイとして生きていく。

というような覚悟が伴うもの。

 

だからこそ、覚悟の無いゲイ=にわかゲイはやめたほうがいい。

世間一般から受け入れられなくていいのだ。

ロリコン教師と生徒の恋愛のようなもの。

おおっぴらにしないこと、おおっぴらにできないことが、美徳のようなもの。

 

ゲイであることをオープンにできる環境。

果たしてそれは良いことなのだろうか。

適度な距離で、ネットの向こう側にいるゲイと、目の前にいるゲイでは。

大きく環境が違う。

 

ゲイであることをネタにする人もいれば、それをダシに使われることもある。

好き嫌い、考え方、人それぞれだが、個人的にはゲイが受け入れられるのは居心地が悪い。